注意:
このブログでは同性愛に関しての記述が含まれます。
ゲイ用語についてはこちら
個人的な事などは、メールでご連絡ください!

読んで何か感じていただけましたら、下記リンクをクリックしてやってください。励みにします!

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
   もんじゅ:ブログネットワーク
もんじゅ
   ゲイ専用ブログコミュニティ「ゲイログ」

2011年01月05日

2011年もふたりで

明けましておめでとうございます!

久し振りにブログ更新します。
去年は回りでいろんな変化があって、仲いい同僚の退社や、親友の結婚とか、本当にたくさんの出来事があった。

変化することは基本的に良いことだと思う。

今年は僕自信も転職するし、回りの環境もがらっと変わるだろう。

今年で30歳になる。

いつの間にか時は通り抜け、気づいたら30になっているんだろうな。

今の彼氏とも今年で5年を迎え、6年目に突入する。

今でも変わらず大好きでいられるのは本当に幸せだと思う。

僕らには法の下での繋がりは全くないし、ふたりの関係を証明する公的な何かもない。

彼が病気になったときに病室に見舞いに行ける保証もないし、死の時が訪れた時に僕に連絡がくる保証も、葬儀に参列できるかもわからない。
そんな事をふと考えると不安になるときもあるけど。

それでも、ふたりの心は太い絆で結ばれている。

僕には信じ続けることくらいしかできないけど、これからも全力で彼を愛し続けよう。
posted by Faccio at 18:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

親友からもらった栗きんとん

親友から栗きんとんをもらった。
彼氏へと。

嬉しい。

自分の彼氏へのプレゼント。

胸を張ろう。

卑下する必要なんて無いのだ。

僕は最高に幸せだ。

君がいるのだから。

そんなことを思う今日このごろ。

良いお年を!
posted by Faccio at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

親友の結婚式に出席して

先日、親友の結婚式に出席した。

その親友とは会社で知り合い、2〜3年ほどの付き合いなのだけど、毎日のように飲みに行ったりして、お互いにバカ話で盛り上がったりしてた。
30歳ちょっとの女の子なんだけど、結婚をするとは思ってもみなかった。

結婚すると言われたのはたしか今年の2月とかその頃だったと思う。
早い段階で言ってもらえてたんだけど、なんか実感がずっとわかずにいた。

結婚の相手は彼女の幼なじみなのだけど、2人の交際期間は0日。
嘘みたいな本当の話で、彼女は彼のお母さんに「息子さんを下さい」と、彼に何も話す前に言ったそうな。
その後、急に彼に「ふつつか者ですが宜しくお願いします」と言い、急転直下、結婚に至ったわけで。

挙式。
僕は通路脇の最後列に座っていた。
前方には司祭とタキシードを着た新郎の姿。

式が始まりバッハの主よ人の望みの喜びよが流れはじめる。
皆が会場中央にある赤い絨毯の先にある後方の扉を見つめる。
その扉が開かれ、ウェディングドレスを身にまとった新婦が現れる。

お決まりの演出。
これまで、ドラマや人の結婚式で何度も同じような光景を見ていた。

特に何かを感じるなんて思っていなかった。
それなのに、僕は目に涙を浮かべていた。

一瞬の間に様々な事を考えていた。

彼女が結婚するという現実に喜びながら、一抹の寂しさも同時に感じた。
なんか、彼女が手に届かないところに行ってしまったかのような錯覚に陥った。

過去の思い出が溢れ、鮮明によみがえっていた。

その一方で、正直に言えば、親族や友人たちに祝福され結婚を迎えた彼女に、僕はいささか嫉妬していたと思う。

僕には、愛する彼がいる。
それでも、今現在、結婚する事はかなわないし、たとえ出来たとしても、親族や友人の皆が祝福してくれるだろうか?

まだまだ、偏見に満ちた人がいっぱいいる。

ゲイだと言うだけで、嫌悪感を持つ人が少なくないのが現状だ。

そういう現状の中で、僕は、皆に恋人を紹介する事さえ難しい時がある。

別に悪い事をしているわけではない。
それに、僕の彼はすばらしい人だ。
それなのに。

そんな事をつい考えてしまった。

でも、温かみのある本当にいい挙式・披露宴だった。

彼女の親友である事が誇らしかった。

お二人、おめでとう!
心から祝福してるよ!!!
posted by Faccio at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。